cyclogシクログ~シクロ・プロジェクトの日々~

3輪の人力タクシー「シクロ」 。この「シクロ」を使った北海道釧路市でのシクロ・プロジェクトの活動日々をつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポイントカードできました

釧路の気温も20度を超えるようになり、夏らしくなってきました。

天気の良い日は、自動車を使わない買い物が気持ち良いですよ。

徒歩もよし、自転車もよし、シクロもよし!



そんな中、買い物シクロのポイントカードをはじめました。

pointcard


片道ご利用で1ポイント、往復ご利用で2ポイント。

6ポイントたまりますと、買い物シクロ 往復1回無料券(500円相当)をプレゼント!

お得だと思います、ハイ!



買い物シクロの対象地区は、

釧路市の南大通、入舟、大町、港町にお住まいの方と限定させていただいておりますが、
(坂があると、少々運転が大変なもので…)

散歩のイメージで、お気軽にご利用ください。



シクロ 体験試乗会開催中!】

毎週土曜日9時~12時までの間、かもめ市場前でシクロの体験試乗会(無料)を行っています。

クルマでお越しの方でも、シクロの心地よさを体験することができますよ。



お問い合わせ  080-5389-1990 シクロ・プロジェクト 本橋まで。



出世坂に高山植物!

今日は、新加入のシクロメンバーの観光ガイド研修を行いました。
(シクロを使った観光ガイドの詳しい情報は、コチラ!)

釧路観光ガイドの会の角田富男さんのガイドのもと、幣舞橋から南大通を散策するというものです。

【左から2番目の方が角田さん】
nusamai_guide

数年観光ガイドをやってきた私も同行させていただきましたが、角田さんの巧みなガイドは非常に勉強になりました。

また、新たな発見もたくさんありました。

その一例を紹介しますと、
出世坂(上写真の木々で茂ったところ)の登り口に、駒草(コマクサ)という高山植物があるということ。
出世坂に高山植物があることを知っていましたか??
本州では標高1500~2000メートルあたりに生息するそうで、
海近くの市街地で育つということは、釧路が寒い地域の証しだということです。
komakusa

これが釧路の特徴だというものは、意外に小さく、そして見落としがちですが、
私たちの身の回りにたくさんあるということを、あらためて実感しました。

こういった些細な釧路の特徴を、早朝の観光ガイドを通じて、
本州など釧路以外の地域との比較を交えながら、伝えていきたいと思っています。



旅客船、歓迎!

6月18日(土)、釧路川に完成した耐震旅客船ターミナルに初めて旅客船が入港します。
terminal


入港するのは、「ぱしふぃっくびいなす」という大型の旅客船(定員644名)!
pacific


この船に乗って釧路に来られたお客様をおもてなしするイベントが
「釧路おもてなし倶楽部」主催のもと開催されます。

そのイベントに私たち「シクロ・プロジェクト」も参加し、
会場を盛り上げることになりました。

シクロの試乗会を無料で行いますので、どうぞお越しください。
シクロのほかにも、パラソルショップやスイーツパークなどイベントは盛りだくさんです。
http://wwwtb.mlit.go.jp/hokkaido/kushiro/club/topics/ibennto.htm

お待ちしてま~す。

●日時:2011年6月18日(土)13時から17時まで
●場所:耐震旅客船ターミナル イベント広場 (釧路芸術館前)
●料金:無料

取材していただきました。

今日は、FMくしろ様と北海道新聞様に、「シクロ」の取材をしていただきました。
ありがとうございます。

fmkushiro


まだまだ実績がない状況ですので、メディアに出させていただくことはとても身が引き締まります。
しっかりと頑張っていきますので、今後ともご支援をお願いします。

さてさて、
FMくしろ様には、6月27日(月)12時30分からの『マルハンのLOVE LOVE釧路!』というコーナーに、
北海道新聞様には、6月12日(日)の朝刊(道東版)に出させていただきます。

お時間に余裕がございましたら、ご覧、ご視聴ください。


本場ベトナムへ!

シクロの本場、ベトナム・ハノイへこのGWを使って、行ってきました。
ベトナムの気温は、33℃と非常に暑かったが、それでも今回は過ごしやすい気温だったようです。
ちなみに、ベトナム帰国後の釧路は、0℃で雪が降っていました。この差、33℃。風邪をひきそうです。

2003年に、釧路でシクロ・プロジェクトを立ち上げ、今年で8年目ですが、実は私、ベトナムはもとより、本物のシクロにすら乗ったことがないという、恥ずかしい立場にずっと置かれていました。
「シクロの活動をやっているのに、シクロに乗ったことがないの!?」と苦笑されることもたびたび。
しかし、今回の旅行でようやく、本場のシクロに乗ることができ、肩の荷が下りたというか、何というか・・・

ベトナムのシクロは、二人乗るにはちょっと狭いシートではありましたが、非常に安定感があり、乗り心地が良いというのが印象的でした。
cyclo_hanoi
たくさんのバイクが走るハノイ旧市街をゆっくりと30分。
紙がたくさん売られている通り、薬の通り、鉄の通り、おもちゃの通りなど、様々な顔を見ることができました。
ベトナム語を話す運転手さんとは、ほとんど会話という会話はできませんでしたが、身振りや指差しで会話を楽しむことができました。言葉は通じないけれども、こういった気持ちの会話が観光ガイドには重要なんだと、改めて感じました。

さて、本場ベトナムのシクロは、バイクや自動車の交通量が増えてきた現代においては、邪魔者としてあつかわれており、ハノイにおいては旧市街の地区しか走ることできません。しかし、旧市街においても、シクロ以外の交通量が同様に増え、いずれシクロは交通規制の対象になると言われており、ベトナムのまちでシクロの姿を見ることができなくなる可能性もあるようです。

ハノイで終日案内をしてくださったBinhさん、Hungさん、Anhさんに釧路での私たちの活動について話をしたところ、「ベトナムで見られなくなりつつあるシクロというベトナムの文化・伝統を、釧路で広めようとしてくれていることは非常にうれしいし、ありがたい」とおっしゃってくださいました。
この言葉を受け、シクロで地域を活性化させるだけではなく、ベトナムの文化を伝えていくということも我々の重要な役割・使命なんだということを認識しました。
頑張らなきゃいけませんね。
  
新たな発想を与えてくださったBinhさん、Hungさん、Anhさんに深く感謝申し上げます。

さてさて、明日5/7は、「買い物シクロ」(かもめ市バージョン)のプレイベントを「かもめ市」で開催します。
午前9時から12時までシクロの試乗会を開催しますので、お時間に余裕がございましたら、ぜひお越しください。
よろしくお願いします。



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。